このブログを読むすべての人に「気づき、学び、成長を。」

Adobe MAX Japan 2019レポート

 AdobeMAXJapan

AdobeMAXJapan

はじめに

こんにちは。デザイナーの秋月です。
年末のことなのですが、12/3に半日を利用して、AdobeMAXJapan2019に行かせていただきまして当時レポートを起していたので、今回せっかくなので公開させていただきます。

AdobeMAXJapanとは?

本イベントは年に1回開かれているAdobe主催のクリエイティブイベントで、
時間ごとに講演が複数行われ、Adobeソフトの最新情報やデザイナーの仕事の最前線の話が聞ける催しです。
デザイナーをやって〇年ですが、今回初めて参加することができました!

私は、以下4セッションを聞いてきました。

  • コラボレーションを加速するAdobe XDの新機能と今後の進化
  • ユーザーの心を掴む!気持ちいいインタラクションがつくりだすインターフェースデザイン
  • Adobe XDがプロジェクトメンバーを繋ぐ!導入事例から学ぶ、チームビルディングとデザインシステム活用の試み
  • 案件に合わせてツールを自在に組み合わせ:Adobe XD+Photoshop+Illustrator

プロジェクトのリモート化が加速!

総じて感じたのは、世の中の動きが、ひとつのプロジェクトに対して一人の意思決定者がプロジェクトを動かすのではなく、プロジェクト参加メンバーがそれぞれに決定権を持ちながら主体的に動き、プロジェクトを押し進めていくスタイルにどんどん移行していることです。

Adobe初コラボレーションツール

Adobe XDはWebなどのモックアップ作成ツールですが、年末頃のアップデートでは、同じファイルを離れた人と共同編集する機能や、デザインアセット機能(基準になるデザイン定義)が強化されて、コラボレーションツールとしてかなりいい感じになってきました。

しかもAdobeソフト間だけではなく、WordやパワポからもAdobeから設定した画像や色パレットを呼び出して使えるようになるなど、Adobeユーザー以外の人ともクラウドを経由してシームレスにデータをやりとりできるようになりました。

仕事環境変化の加速

顧客まで共有に巻き込んで、MTGのための余計な資料を作ること無くリアルタイムにデータを変更しながらWeb制作をした事例なども聞けて、世間の仕事というもののスピードが高速に進んでいく雰囲気をひしひしと感じます。
今となれば不可抗力とはいえリモートワークが加速化し、ますますこういった需要が高まってきましたね。

おわりに

弊社の顧客層を考えるとクラウド活用という面では、どれかの基幹システムに人事データが保存してある、という状態ではなく、人事データそのものにいろんなツールでアクセスしてデータ共有しながら活用する…そんな未来もありそうだなと思いました。

大きな物理イベントは目に見えて盛り上がりを感じられて、テンション上がりますね!
大規模集客イベントは今後どうなっていくかわかりませんが、是非今年も参加したいと思います。